廃車と自動車税

MENU

廃車と自動車税

●廃車すると自動車税が還ってくる?
自動車税は基本的に1年分を前払いします。
つまり、この先年内にあなたが車を売るかもしれないというような状況であっても1年分支払わないといけないのです。
そう考えると、なんとなく損をしたようにも思えますが、実は全く損する事もなく返還されるので安心してください。

 

●どのくらい還ってくるの?
自動車を売った時期によって異なります。
基本的に4月から翌3月までの1年分を支払う事になりますので、例えば6月に売った場合と12月に売った場合では残りの月数が違いますので、当然還付金も異なります。
6月に売ると残りの7〜3月の9カ月分、12月に売ると残りの3カ月分が返還と言う事になります。
車種によって支払っている自動車税の金額は異なりますが、具体的にどの程度還ってくるのかを計算したい場合は、支払った税金の金額を12で割って、残りの月数でかければわかります。

 

●必ず還ってきますか?
必ずというわけではないのです。
例えば3月に売ると当然残りの月はありませんので、基本的に還付がありません。
また、住民税などを滞納しているような場合は、返還されずに税金として納付されます。
この場合はどの道支払わないといけないお金ですので、現金で還ってきてはないというだけなので損をする事もありません。

 

また、普通乗用車と軽自動車は税金の管理する場所が違い、基本的に返還されるのは普通乗用車だけです。
軽自動車は税金の返還はありませんので注意してください。

 

ウォーキングブリーチ法

ウォーキングブリーチは歯のホワイトニングの原型とも言うべき、昔からある方法です。神経がない歯の内部に歯が白くなる薬剤を注入して、歯の内部から白くするという方法です。普段の生活をしながらホワイトニングを行う方法なのです。歯が白くなる効果が出るまで約1カ月かかりる上、この間4回前後、薬剤を詰め替えて注入し続けなくてはなりません。
現在のようなホワイトニングの方法が確立するまでは、この方法しかありませんでした。また、日本では2006年まではウォーキングブリーチによるホワイトニングは健康保険適用内の処置だったこともあり、多くの歯科医院で行われていた方法です。この方法は、手間も時間もかかるため費用は1本1万円前後かかります。
しかし、ウォーキングブリーチは手間がかかる割にはデメリットの多い方法です。歯に穴を開けなくてはなりませんし、歯の中にガスが発生して歯が割れてしまうリスクもあります。また、薬剤が歯茎に浸透してしまい、歯の周辺の骨に負担がかかるという報告が上がっています。
リスクの高い方法を実行してもホワイトニング効果を得られないことがあります。例えば薬剤が歯から漏れている場合です。ホワイトニングをしたい歯から薬剤が漏れてしまえば効果を上げることはできません。また、歯の内部に虫歯や詰め物の残留物があると、薬剤の効果が薄れる原因となってしまいます。
オフィスホワイトニングやホームホワイトニングが盛んになった現在では、ウォーキングブリーチを行なっている歯科は激減しています。
管理人のお気に入りサイト:切手買取

更新履歴